お肌の曲がり角|対策

menu

お肌の曲がり角の対策してますか?

お肌の曲がり角…誰にでも訪れる肌のターニングポイント。シッカリケアしないと後々面倒なことになってしまいます。そんな「お肌の曲がり角」対策のスキンケアを紹介していきます!

お肌の曲がり角対策


お肌の曲がり角はホルモンによる転換期!

昔から25歳はお肌の曲がり角と言われています。
10代から20代初め頃までは、スキンケアがおろそかになっても、夜更かししても、食事に気をつけていなくても、それほどお肌につけがまわってくることはなかったのではないでしょうか?

でもだんだんと肌のハリツヤがなくなり、メイクのノリが悪くなり、不摂生をすれば…てきめんに顔に出てしまうようになって…
経験的にこのくらいの時期から、肌のコンディションに変化を感じ始める人が多いのではないかと思います。


お肌の曲がり角には、炭酸美容がいいみたい!


肌の奥から美しくなるには炭酸美容を!

皮膚から吸収された炭酸はその炭酸ガス効果によりその部分の血液循環を促します。

その結果細胞への酸素の供給が盛んになります。
酸素をたくさん受け取った細胞はミトコンドリア内でエネルギーをたくさん産生するので新陳代謝を高めます。

新陳代謝が高まればみずみずしくフレッシュな新しい皮膚への生まれ変わりを促進しますので、シミやシワたるみなどが目立たなくなっていくというわけです。

同時に炭酸は真皮層の細胞にも届きますので十分な酸素が供給されることになります。

その結果 線維芽細胞でコラーゲンやエラスチンなどの物質の産生が促され肌のハリやツヤのアップにつながるというわけです。言うなれば、しぼんでいたスポンジが再びふっくらして弾力が戻ってくるということです。

肌の若返りにつながりそうですね。ここでもわかったと思いますが炭酸パックは肌の上から塗るものでありながら、決して目に見えている肌表面だけに働きかけるものではないのです。

あくまでも新陳代謝をつかさどる基底細胞やコラーゲンを作る線維芽細胞をターゲットにしています。

基底細胞を元気にすればあれこれと対症療法に苦慮しなくても本来私たちが持っている肌の機能を十分に引き出すことができます。

細胞レベルでのアンチエイジングが可能になるのです。細胞が元気になるには、細胞内のミトコンドリアがせっせとエネルギーを作り出すことが不可欠です。

そのためには炭酸によって血液中から酸素をどんどん細胞へと供給することが大事なのです。それができるのが炭酸美容なんです。


炭酸が小顔たるみに効く!


若々しい印象を与える小顔。体はそれほどでもないのに顔だけふっくらしているために太って見える…と気にしている女性が多いようです。

確かに芸能人などが20キロダイエットなどといった大幅な減量に成功した時のビフォア&アフターの写真を見比べると、痩せた後の方が格段に若々しく見えるものです。

それはなによりも顔の印象で左右されるのではないでしょうか?
きっととがったあごやぴんと上がった頬、たるみのないすっきりしたまぶたなど、引き締まった顔立ちは若さの象徴と言えるんじゃないでしょうか。

逆にどんなに体重が標準内であったとしても顎がふたえになっていたり頬がぷっくりしていたりすると太って見られています。

鼻などのパーツが頬や顎のボリュームに押されて相対的に小さく見えるために、表情もぼんやりと生えない感じに見られてしまいます。

顔立ちで価値が決められるものではないですが、一般的に人の印象は9秒で決まるとも言われています。

つまり初対面で挨拶をして一目顔を見た瞬間でその人がどんな人物像なのか自分とフィーリングが合いそうかなどが判断されてしまうということなのです。

もちろんその後コミュニケーションを取っていくうちに変わることは十分にあります。でも第一印象というのは人の心に残りやすいので出来れば良い印象をパッと与えられる顔立ちでいたいものですよね。

だからこそすっきりと若々しく見える小顔にこだわり顔痩せを望む女性が多いと言えるんです。