界面活性剤|注意

menu

お肌の曲がり角の対策してますか?

お肌の曲がり角…誰にでも訪れる肌のターニングポイント。シッカリケアしないと後々面倒なことになってしまいます。そんな「お肌の曲がり角」対策のスキンケアを紹介していきます!

こんなに怖い界面活性剤!

皮膚バリアを破壊し、シワだらけにする界面活性剤!

基礎化粧品に含まれる界面活性剤が皮膚のバリアを破壊してしまうという問題点があるんです。皮膚の保湿に必要な皮脂を全て取り去ってバリアを破壊し、すぐに破壊されたバリアを通して皮膚にとって有害な物質を染み込ませてしまう界面活性剤の特徴は致命的なものです…。

乾燥防止のために界面活性剤の力を借りて水分を皮膚の奥まで染み込ませる。ところが、皮膚のバリアを破壊してしまった後では、入れた水分もすぐに蒸発してしまいます。

すると皮膚に入れた水分が再び乾燥してしまわないようどんどんこの化粧品を使い続けなければなりません。その悪循環が今まで皆さんが行ってきた化粧の本質だったのです…。

しかし当然化粧品メーカーには医師を含む多くの研究者がいて、そのことはずっと前から知っていました。しかし商品を売るためにはそのような基礎化粧品の欠点もなかなか指摘できなかったのです。

そしてそのようなことを改善しないまま、さらに多くのアンチエイジング化粧品が売り出されるようになりました。

アンチエイジング化粧品、美容液も含め使った方はすぐにわかりますよね。塗るとあっという間にお肌はすべすべになる、そのくせ水分を豊富に押し込む保湿性でハリとツヤのある皮膚が蘇る… でも何か不自然だと思いませんか?

これは高分子ポリマーという技術開発がもたらした一種のマジックとも言えるのです。高分子ポリマーなんて言われてもピンとこないかもしれません。でも「水に溶けるビニール樹脂」あるいは「ビニールのり」と言えばどうですか?つまりビニールを水に溶いて薄めたものと考えれば大筋で正解です。

この水溶性ビニールは高分子という名の通り、分子量が大きくて皮膚の中には浸み込めません。しかし界面活性剤を混ぜて皮膚の奥まで押し込んだ水分を蒸発させないよう皮膚表面を覆ってしまえば良いのです。皮膚のハリは瞬く間に蘇り、シワは消失…おまけにすべすべつやつやときたら乙女心に何も文句はありません。

たとえ皮膚のバリアを破壊し表面をビニールパックしたに過ぎなくても、知らなければ幸せそのものです。このようなアンチエイジング化粧品、美容液を使い続けている間 女性は一時の夢を見ました。でもいずれ使用を中止した時気づくのです、一番大切なはずのお肌も、ガサガサ・ゴワゴワそして着実に破壊された皮膚のバリアの消失によって、その後は見るも無残に 乾いてシワだらけになってしまうんです…。