シワの改善|ハリのある肌

menu

お肌の曲がり角の対策してますか?

お肌の曲がり角…誰にでも訪れる肌のターニングポイント。シッカリケアしないと後々面倒なことになってしまいます。そんな「お肌の曲がり角」対策のスキンケアを紹介していきます!

シワをなくして肌にハリがでれば、10歳若くなる!

しわの改善でピンとハリのあるお肌に!

しわをなくせば10歳若返ります。
しわはある意味その人の人間としての味わいを出す。とも言われています長い人生を歩んでいく中で、様々な経験をすればその結果養われてきたその人の内面が顔に表れてくるものですが、そのようにして刻まれたシワはかえって美しく見えることさえあります。

歳を重ねてもシワひとつない赤ちゃんのようなつるんとした肌だったら、むしろ大変変に見えるでしょう?だから誰でも同じように歳をとるのであればせめて美しく年を重ねシワも良い味わいで、できてほしいものです。

でもその一方でシワができれば顔に影ができますから、そのぶん暗く老け込んだイメージになってしまうことは否定できません。

深いシワをなくせば10歳くらいは、たちまち若く見えるものです。

シワ予防の鍵は乾燥と紫外線対策です。長い年月の間に少しずつ刻まれていくシワはできるだけ防いで、見た目年齢を若々しく保つには、日々の地道なスキンケアがとっても大事なんです。

その柱となるのは主に小じわの原因となる乾燥対策と大シワの原因となる紫外線対策です。

今は夏でもエアコンによって室内は低温度になっていますので、それほど肌が乾いた感じがしなくても積極的な保湿が大事です。

朝晩化粧水をたっぷりつけて水分を補給し、その後美容液やクリームなどで蓋をして与えた水分が逃げないようにしましょう。

クリームは重たい感じがしてちょっと嫌…みたいに敬遠されがちですが、お肌にとってある程度の油分は必要なんです。

というのも洗顔後の肌は一時的に肌表面を覆っている皮脂膜も洗い流されて、無防備な状態になっているからです。

そこへ化粧水をたくさんつけても時間とともに蒸発してしまいます。お肌を外部からの刺激から守るという意味でも美容液やクリームをお手入れの最後に加えたいものです。

次に紫外線対策、誰でも日差しの強い夏は日焼け止めを塗ったり帽子や日傘でガードしますよね。

でも紫外線は実は春先のまだ空気がひんやり感じられる頃からぐんぐん強くなっていきます。

特に4月5月のレジャーシーズンはまだそれほど暑くないということもあって、紫外線対策もついついおろそかになりがちです。

アンチエイジングを心がけるなら季節を問わず日向に出る時には紫外線対策をきちんとするべきですね。これはもちろんシミ対策にも共通して言えることなんですよ。